複数拠点がある製造業の場合、各拠点の枠を超えてオペレーションの合理化・製造オペレーション全体を可視化すること。
これが、品質・作業効率のアップや場合によってはコストダウンにもつながります。

しかし、これを人の手でひとつひとつ行うことはほぼ不可能でしょう。
拠点数が多ければ多いほど、全ての拠点に指示を出しながら作業進行の確認をしつつ入出荷状況も確認し…
できれば機械にまかせて、オペレーションを統一したいと思いませんか?

そこでおすすめしたいのが、アプリソの製造管理システムの導入です。
アプリソの製造管理システムは、企業内・製造チェーン全体のオペレーションの合理化とオペレーション全体の可視化を実現します。
これにより、生産力の向上とコスト削減だけでなく、品質向上にもつなげることができます。

また、電子作業指示書を活用すれば、指示書のペーパーレスでコスト削減も可能です。
マニュアル作業の場合でも、各ステップでオペレーターに通知し作業進行の確認を促すこともできますよ。

実際にアプリソの製造管理システムを導入し、成功した企業も多く存在します。
製造管理とサプライチェーンのことならここをクリック
アプリソのHPでは、製造管理システムの詳細の紹介だけでなく、導入成功事例も紹介しています。
参考にご覧になることをおすすめします。

法人、個人にかかわらず、税務申告や経営状態を把握するひとつの方法として、日々の帳簿付けは非常に重要な位置づけとなっています。

帳簿を付けることで現状を知ることにもつながりますし、過去の状況を知ることもできます。

ところが、日々の入出金の確実な管理および記帳は意外と大変で面倒です。

さらに、ある程度の専門知識も必要になるので処理の仕方でつまずいてしまったり理解できていないと大変な思いをしてしまうことも頻繁にあります。

「簿記」の資格を有している方であればある程度の業務は行えますが、全くの無知である方に記帳を頼んでも難解であることは明白です。

そこでこのような経理事務の代行を行ってくれるのが記帳代行サービスです。

毎月の会計帳簿を代わりに記帳してくれるサービスとなっています。

渡す記録の一例として、

・売上、領収書などの入出金が記録されているもの

・請求書

・預金通帳(コピーでも可)

となります。

記帳代行サービスを行っているのが、

・公認会計事務所

・税理事務所

などとなっています。

お金に関することなので、公認会計士や税理士に依頼するとスムーズに記帳代行をしてくれるようです。

日々の記帳業務に時間を取られて本来の業務に支障が出ている場合などは、ぜひ記帳代行サービスを検討してみてください。