法人、個人にかかわらず、税務申告や経営状態を把握するひとつの方法として、日々の帳簿付けは非常に重要な位置づけとなっています。

帳簿を付けることで現状を知ることにもつながりますし、過去の状況を知ることもできます。

ところが、日々の入出金の確実な管理および記帳は意外と大変で面倒です。

さらに、ある程度の専門知識も必要になるので処理の仕方でつまずいてしまったり理解できていないと大変な思いをしてしまうことも頻繁にあります。

「簿記」の資格を有している方であればある程度の業務は行えますが、全くの無知である方に記帳を頼んでも難解であることは明白です。

そこでこのような経理事務の代行を行ってくれるのが記帳代行サービスです。

毎月の会計帳簿を代わりに記帳してくれるサービスとなっています。

渡す記録の一例として、

・売上、領収書などの入出金が記録されているもの

・請求書

・預金通帳(コピーでも可)

となります。

記帳代行サービスを行っているのが、

・公認会計事務所

・税理事務所

などとなっています。

お金に関することなので、公認会計士や税理士に依頼するとスムーズに記帳代行をしてくれるようです。

日々の記帳業務に時間を取られて本来の業務に支障が出ている場合などは、ぜひ記帳代行サービスを検討してみてください。

  • BOOKMARK WITH
  • bookmarks
  • bookmarks
  • bookmarks
  • bookmarks
  • bookmarks
  • bookmarks
  • bookmarks

No response yet

Leave a response